苫米地先生の最新教材



selected entries

categories

archives

The Power of CHI!気の力で人間改造自由自在!中国武術の奥義“気功語(CHI)〜人生を変えるノウハウ〜

苫米地英人氏の書籍を1冊でも読んだことがあるのなら
内部表現の書き換えという言葉に興味があるのなら、
↓↓↓↓↓↓


とてつもない変性意識を実現するDVD

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2012.03.01 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

短睡眠の方法

 短睡眠の方法としては、ベッドの改善、食生活の改善、体内時計のリセットなどがあげられる。
短睡眠で生活できれば、生産性が大幅にアップする。
いろいろな書籍に睡眠時間を短くする方法が説かれているが、もっとも効果的なのは、睡眠中の周りの騒音等のノイズを減らすこと。
短い時間でも集中して眠ることができれば、極端に効率のよい睡眠になる。
睡眠は時間よりも質が重要とされる。
苫米地英人氏も睡眠に関する本を今年2冊くらい出したような。
なんとなく読んでなかったけど、今度読んでみようと思う。

過去の歴史上の偉人たちにもショートスリーパーは結構いる。
今でも有名人で、あまり眠らない人がいる。
生産性がもともと高い人間に、時間が与えられたら、とても大きな仕事をすることができる。
夜に寝る時間が少なくて、昼間にマイクロスリープで補っているという方法の人もいるし、昼間は全く眠らないという人もいる。
昼寝によって、1日を2分割するという方法もある。

3時間睡眠法で差をつけろ!寝起きも頭すっきり。オリジナル短眠法で受験も資格もビジネスも楽々突破


特に資格などの受験生にとっては、短睡眠は魅力的なスキルだ。
眠りを削っても、集中力が落ちたら元も子もないが、逆に能力がアップするのなら、こんなにすばらしいことはない。
ショートスリーパーになるためには、やはりある程度の訓練が必要だが、コツがわかっていないと、すぐにもとの状態に戻ってしまう。
無理しても、何日かしかもたないので、方法論を学ぶことは重要。
有名人だと、みのもんた、京極夏彦、藤本憲幸とかがいるけど、意外と上戸彩がそうだったりする。
上戸彩は睡眠時間3時間で足りるらしい。
天才と呼ばれる人でもアインシュタインなどは、ロングスリーパーだ。
睡眠が短いと、単純に時間が増えて、トータルの生産が増えるが、そもそもパフォーマンスを上げるためには、苫米地英人氏によると、緊張と弛緩のバランスを、対象となる行動とマッチさせないとうまくいかないらしい。
その典型例は、マイケルジョーダンが野球に転向したのに、よい結果を残せなかったことだそうだ。
バスケと野球では、テンポが違いすぎて、緊張と弛緩のバランスを野球にあわせることができず。
IQが下がってしまったのだろう。

 


スポンサーサイト

  • 2012.03.01 Thursday
  • -
  • 11:35
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク