苫米地先生の最新教材



selected entries

categories

archives

The Power of CHI!気の力で人間改造自由自在!中国武術の奥義“気功語(CHI)〜人生を変えるノウハウ〜

苫米地英人氏の書籍を1冊でも読んだことがあるのなら
内部表現の書き換えという言葉に興味があるのなら、
↓↓↓↓↓↓


とてつもない変性意識を実現するDVD

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2012.03.01 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

苫米地英人の抽象度を上げるトレーニングの意味

苫米地英人というと、抽象度という言葉を思い出す。
抽象度を上げることで、物事を俯瞰することができるので、IQがアップするのだ。
抽象度という言葉の意味は、わかりにくいかもしれない。
反対語は具体度といった感じになるのだろうか。
マイクロソフトの.Netのプログラミングが理解できていると、簡単に理解できる。
.NETでなくても、オブジェクト指向のプログラミング言語だと簡単だ。
.NETではクラスは階層化されていて、使用するときにオブジェクトのインスタンスを生成する。
このときのインスタンスは、具体的な実態とも言うべきもので、クラスは概念だと考えられる。
つまり、階層化されたクラスの上へ行くほど、抽象度が高いということになる。
苫米地英人氏がよく説明に使うのは、犬よりも哺乳類、哺乳類よりも脊椎動物の方が抽象度が高いということです。
そして、犬よりも、自分のうちで飼っている犬の方が抽象度が低いです。
抽象度を上げるトレーニングとして、共感覚のトレーニングや、感情をラベリングするものなどを紹介しています。
なぜ、そんなに抽象度を上げることを推奨するのかというと、そうすることで、幸せになることができるからです。
幸せになりたいというのも抽象度が低いですが、あげていくことで、自分のことにこだわらなくなります。
そして、人類の、生命の、宇宙のことを考えることができるようになると、この世から戦争もなくなるし、全ての存在が幸せになることができるのです。

スポンサーサイト

  • 2012.03.01 Thursday
  • -
  • 21:47
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク